top of page

LayerX執行役員兼PrivacyTech事業部長の中村龍矢が『プライバシーテック協会』の理事に就任

Acompany、EAGLYSと共に秘密計算、差分プライバシーなどの、現行法との関係整理や新たなルールメイキングを推進



プライバシー保護技術「Anonify(アノニファイ)」の研究開発及びソリューション事業を推進する株式会社LayerXは、株式会社Acompany、EAGLYS株式会社と共同でプライバシーテックの社会実装促進を目的とする任意団体『プライバシーテック協会』を設立し、当社執行役員兼PrivacyTech事業部長の中村龍矢が理事に就任することをお知らせします。




■協議会設立趣旨

デジタル変革(DX)が浸透したことにより、個人のネット上の行動、企業の生産活動や物流などから生み出されるパーソナルデータを含む膨大なデータ資源を活用したビジネスが急速に進んでいます。一方、これらデータ活用に対するプライバシー上の懸念の高まりによって規制も強化され、欧州連合(EU)では2018年に一般データ保護規則(GDPR)が施行されており、国内でも2022年4月に改正個人情報保護法が施行されました。本協会は、プライバシー保護の重要性を鑑み、秘密計算や差分プライバシーといった安全性が担保された技術「プライバシーテック」を活用し、データプライバシーを安全に保ちつつ、積極的に活用するフレームワークの構築を推進していきます。プライバシーテックが安心・安全なデータ活用を実現する次世代産業の重要な基盤となるよう、業界一丸となり環境の整備に寄与してまいります。


■プライバシーテック協会概要

・名称:プライバシーテック協会

・形態:任意団体

・活動目的:プライバシーテックに関する現行法の関係整理や新たなルールメイキングを推進する。安心・安全な技術としてプライバシーテックを社会に周知し、啓発する。プライバシーテックに関する実証実験及び事業化の推進のための環境を構築する。

・活動内容:プライバシーテックの用語や技術等の整理・定義、プライバシーテックと現行法との関係整理や新たなルールメイキングの検討・提言など

・参加企業・団体:株式会社Acompany(https://acompany.tech/)、EAGLYS株式会社(https://www.eaglys.co.jp/)、株式会社LayerX(https://layerx.co.jp/

・事務局:株式会社Acompany内(愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1-3 JRゲートタワー27F 名古屋大学オープンイノベーション拠点)


■協会メンバープロフィール

・会長:株式会社Acompany 代表取締役CEO 高橋亮祐




名古屋大学在学中にエンジニアとして活動を始めたことをきっかけに、個人でのwebアプリケーション開発や複数のベンチャーでのインターンを経て、2018年6月に株式会社Acompany創業。これまでに、デジタルキー管理システムの開発、デジタルアセット管理プロジェクトへの参画などの開発実績や総務省・NICT起業家万博を始めとし、複数のビジネスプランコンテンストでの入賞歴あり。セキュアマルチパーティ計算による秘密計算の実用化に注力する。2019年名古屋大学工学部物理工学科卒業。2021年Forbes JAPANによる「世界を変える30歳未満の30人」30 Under 30 JAPANに選出。22年には「Forbes 30 Under 30 Asia(アジアを代表する30歳未満の30人)」へ選出された。


・理事:EAGLYS株式会社 代表取締役社長CEO 今林広樹




早稲田大学大学院在籍中、アメリカでデータサイエンティストとして活動したのを契機に「AI・データ利活用時代」におけるデータセキュリティの社会的重要性を実感する。帰国後、科学技術支援機構の戦略的創造研究促進事業(CREST)研究助手を務めながらプライバシー保護ビッグデータ解析の研究に没頭。2016年大学院在籍中にEAGLYSを創業。 消費者庁AIワーキンググループ委員、東急住宅リースAI戦略アドバイザー等を歴任。Forbes社「30 Under 30 アジア」選出、日本経済新聞では『AIモンスター』として紹介。


・理事:株式会社LayerX 執行役員 兼 PrivacyTech事業部長 中村龍矢




LayerXの創業時から、研究開発及びその成果の実用化をリード。セキュリティ・プライバシーの研究開発を行い、学術論文として国内外の学会にて発表。2020年度IPA未踏スーパークリエータに認定。東京工業大学との共同研究が2020年度インターネットアーキテクチャ研究賞(最優秀賞)。Ethereumの脆弱性を複数発見し、仕様策定に貢献し、Ethereum Foundationのグラントを日本拠点のチームで初めて獲得。LayerX参画前は株式会社Gunosyにてデータ分析及び、AI/機械学習アルゴリズムの実装に従事。


・アドバイザー:竹之内隆夫




2005年日本電気株式会社入社。2019年株式会社デジタルガレージ入社。2022年インターネット関連企業入社。 現在に至る十数年間、匿名化や秘密計算などのセキュリティ・プライバシー技術の研究開発・事業開発に従事。プライバシー技術の実用化には法制度等の整備も必要と考え、講演や記事執筆や法学者との連携など、社会実装に向けて精力的に活動中。近年は、秘密計算に関する関連企業の連携の場として、「秘密計算研究会」や、一般社団法人データ社会推進協議会の「秘密計算活用WG」を発足させた。2013年電気通信大学大学院博士後期課程修了、博士(工学)。2022年グロービス経営大学院大学修了、経営学修士。


・アドバイザー:ひかり総合法律事務所 パートナー弁護士 板倉陽一郎




ひかり総合法律事務所パートナー弁護士。 2002年、慶應義塾大学総合政策学部卒、2004年、京都大学大学院情報学研究科社会情報学専攻修士課程修了、2007年慶應義塾大学法務研究科(法科大学院)修了。2008年弁護士登録(ひかり総合法律事務所)、2016年4月よりパートナー弁護士。2010年4月より2012年12月まで消費者庁 消費者制度課個人情報保護推進室(現・個人情報保護委員会事務局)出向。2017年4月から理研AIP客員主管研究員、2018年5月から国立情報学研究所客員教授。2020年5月から大阪大学社会技術共創研究センター招へい教授。『AIがつなげる社会』(弘文堂、2018年)(共著)、『データ戦略と法律 : 攻めのビジネスQ&A』(日経BP、2018年)(共著)、『個人情報保護法のしくみ』(商事法務、2017年)(共著)など数々の著作を執筆。


■プライバシーテックとは

個人のプライバシーを保護するためのテクノロジー(技術)です。個人のデータを企業等が大量に保有する中、いかに個人に対して安心・安全なデータ保全・利活用を実現できるのか課題となっています。この課題を解決する技術がプライバシーテックです。例えば、データを暗号化しつつ企 業・組織間でデータ分析ができる次世代暗号技術「秘密計算」や、仮想のデータを生成する「合成データ」、個人識別性を排除する「匿名加工」などが挙げられます。

プライバシーテック研究所:https://acompany.tech/privacytechlab/


■会社概要

・株式会社Acompany

社名 :株式会社Acompany

代表者 :代表取締役CEO 高橋亮祐

所在地 :愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1-3JRゲートタワー27F OICX

設立 :2018年6月 URL:https://acompany.tech/

ミッション:プライバシー保護とデータ活用を両立させる

事業内容:プライバシーテックサービス「AutoPrivacy」の開発・提供、コンサルティング


・EAGLYS株式会社

社名:EAGLYS株式会社

代表者:代表取締役社長 今林広樹

所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目27-3 やまとビル7F

設立:2016年12月 URL:https://eaglys.co.jp/

ミッション:あらゆるデータを安全に活用し、価値に変える

事業内容:「秘密計算を中心としたセキュアコンピューティング技術」を生かしたデータセキュリティ/データ利活用サービス、秘密計算ソフトウェア「DataArmor(データアーマー)」シリーズの開発、販売、「AIアルゴリズム設計・解析技術」によるAI開発/解析サービス


・株式会社LayerX

社名:株式会社LayerX

代表者:代表取締役CEO 福島良典 / 代表取締役CTO 松本勇気

所在地:東京都中央区日本橋堀留町1-9-8 人形町PREX 2階

設立:2018年8月 URL:https://layerx.co.jp/

ミッション:すべての経済活動を、デジタル化する。

事業内容:法人支出管理サービス「バクラク」を中心に、デジタルネイティブなアセットマネジメント会社を目指す合弁会社「三井物産デジタル・アセットマネジメント」、プライバシー保護技術「Anonify」で組織横断のデータ利活用を目指すPrivacyTech事業などを開発・運営


■プライバシーテック協会に関するお問合せ

プライバシーテック協会事務局(株式会社Acompany内)

担当:濱田

TEL:050-5236-1568(濱田)

E-mail:info@privacytech-assoc.org


■株式会社LayerXに関するお問合せ


Kommentare


bottom of page