​保険業界の最新トレンドである保険料のパーソナライズ実現

におけるプライバシー保護

スクリーンショット 2021-05-11 13.50.44.png

Anonify for Insurance

昨今、テレマティクスデータやヘルスケアデータなどのビッグデータを活用し、加入者ごとに保険料をパーソナライズした保険が続々登場しています。

加入者にとってより公平な保険の実現が期待される一方で、生体情報や位置情報、病歴などといったプライバシー情報の保護との両立がハードルとして存在します。業界トレンドと課題の整理、そしてLayerX Labsの取り組む秘匿化モジュールAnonifyによるソリューションをご紹介します。

こんな方におすすめ

✔︎ よりパーソナライズした保険商品の提供をご検討の方

​✔︎ テレマティクス保険において位置情報やドラレコデータなどプライバシーデータの利用を検討中の方

✔︎ 健康増進型保険におけるデータの拡充とリスク予測精度の向上にお悩みの方

✔︎ 保険業界以外でパーソナライズにおけるプライバシーデータの保護にお悩みの方

目次

1. 保険料パーソナライゼーションが進展する背景

2. 損保業界トレンド​​

​3. 損保:パーソナライゼーションの実現に向けた課題と解決策
4. 生保業界トレンド

5. 生保:パーソナライゼーションの実現に向けた課題と解決策

6. データ利活用とプライバシー保護の両立をはかる秘匿化ソリューションAnonify

7. LayerX LabsにおけるAnonifyの取組事例

ありがとうございます。ご登録いただいたメールアドレス宛にホワイトペーパーを送付しました。